www.queenstownhotelsnz.in.net/

iphone6はパソコン並みの性能?

iphone6はA8チップというものを採用しているらしい。今後はパソコンのようにコアあたりの周波数が2.0Ghzという凄い性能が提供されることになっているという。こちらをアイフォン6←みてね。

 

これは応答性という部分ではかなり高速化するもので、いままでラグなどが生じていたようなタイプのアプリケーションでもスムーズに動くことになるという。
またグラフィックレンダリングがかなり向上することになるようだから、本当に最新機器のゲームのようなグラフィックを楽しむことも可能になるだろう。ここをiphone6を見てね。

 

ということは、ある意味でゲームのための道具としても役立てられるということだ。
携帯のゲーム機の世界では色々な会社ががんばっているが、ゲーム機などなくてもこのiphone6があれば十分ということになってきそうだ。そうなればゲーム機市場もまたうかうかしていられなくなるだろう。詳細はこちら→iphone6です。

 

iphone5ではコア当たりの周波数がせいぜい1.3Ghzくらいしかなかったわけで、それらの状況に比べたらかなりの快速になっていることは間違いない。